新車の輝きをリアルに保存、酸化しないガラスコーティング「GFコート」 酸化しない超光沢被膜

酸化しない超光沢被膜

酸化しない被膜だから、塗装を痛める色々な原因からちゃんと車を守れるのです。また、GFコート特有の全反射の光沢は見る向きを選ばないという特性があります。
さらに「ぴかいち」では、熟練のプロが徹底的に下地処理をしますので、新車以上の輝きが持続します。

硬くてやわらかい理想の被膜

Si(ケイ素)とO(酸素)が結合したガラス繊維被膜は硬質性と柔軟性を両立し、セルロースは柔軟性を強化、硬い材質でできた柔軟性抜群の理想被膜を形成します。この柔軟性が(硬いだけより)耐傷性を高めます。また、酸化劣化しないことと合わせ、将来の剥がれ、ひび割れ等の弊害に対する心配ををゼロにします。

車はどうして汚れるのか

いくらまめに洗車していても、ある日水垢などが落ちなくなってしまう…という経験は誰にでもあります。実はこの『落ちない汚れ』は酸化による被害がほとんどです。

通常汚れというものは『単なる付着物』である間に洗えば、比較的簡単に水かシャンプーで落とすことができます。しかし、最初はただのチリやホコリであったものが酸化し、塗装面 (あるいはワックス面やコーティング面)に対して酸化共鳴し始めます。

酸化共鳴とは『酸化しているもの同士は仲良し』という原理があって、この場合だとチリ・ホコリと塗装面は仲良し状態になって、一体化し酸化してしまう現象の事です。
つまり、酸化共鳴して一体化した元チリ・ホコリと元塗装表面が新酸化物としてそこに存在することとなります。

このようにして出来たものを『酸化被膜』と呼びます。

し たがって、今まで皆さんにとってのワックスやコーティング剤は『塗装を保護して元の状態を維持するため』ではなく、『一時的に復元したり、綺麗にするため』のアイテムであったと思います。市販のワックスやコーティング剤が『何となく塗装保護のためにやった方が良いもの』とは思わせるものの、実際には洗車後のお手入れ道具としての効果を狙った『酸化する製品』である以上、あまり塗装の保護にはならない…というのも仕方のないことです。

GFコートは汚れないのか

GFコートは(自然環境の常識的範囲内では)酸化しませんから、塗装全体がちゃんとGFコートの保護被膜で包まれていれば、当然酸化共鳴しません。したがって、削らないと落とせない状態にはならないのです。

もちろんチリ・ホコリなどの汚れは普通に付きますが、単なる付着物の状態ですから、通常水洗いで大丈夫です。汚れの種類によってはシャンプーを必要とする場合もあります。

よく洗車の前に、大きな汚れだけでも先に…ということで水をかけると思いますが、案外こびり付きかけているせいか、素直に流れてくれません。これは酸化共鳴が始まっているか、始まりかけているからです。それに対し、GFコートでコーティングしてあれば比較的簡単に流れていってくれます。ただし粘着系の汚れは水をかけるだけではとれません。

ピッチ・タールも付きますが、万一乾いてカラカラに固着した場合は、普通に市販の専用クリーナー等を使えば簡単に落ちます。もちろん、運良く早めに洗うことができれば、水洗いでも簡単に洗い落とすことができます。

GFコートの汚れにくさは、ほとんどの人がビックリするレベルです、特に濃淡系の車の方は試してみることをお勧めします。

ご自分で施工される場合との違い

お客様がご自分で「ガラスコーティング」を施工すると、コストは安くなりますが・・

・下地磨きが難しい。 (仕上げは、下地作業で80%以上決まるといっても過言ではありません、それほど下地工程は大事な作業であり、この作業こそ『匠の技』のみせ所だと思っています。)

・施工環境が違う。 (綺麗な仕上げをするためには、きっちりと整った環境は必然です、ご自宅に作業場があれば別ですが、専用の洗車場所・磨きコーティング時の照明機器・屋内であるなど)

・車のボディや塗装・溶剤・コーティング剤に関する専門知識 (逆に言えば、このような設備・知識のない業者に頼んでしまった時に仕上がりについてトラブルの原因になる)


「ぴかいち」の施工だとコストはご自分で施工するより少し高くなりますが、下地磨きはキズに見合った専用の機械やコンパウンドを選びながら、車を磨いて10数年といった車磨きのプロが時間をかけて徹底して下地作業を行います。さらに「ぴかいち」では洗車・シャンプー・磨き・コーティングと全ての作業が最新機材を使用した、室内での環境で施工します。

さらに「ぴかいち」では、徹底したコストダウンをはかり、格安の料金で施工しております、一度面倒な下地作業をしておけば、ほとんどの場合には2回目からはコーティング料金だけですみますので、スタンドなどでの手洗いワックスを定期的にされている方なら、逆に年間で考えれば低コストになります。

サービス内容
ダイヤモンドコート
GFコート
G'ZOX
オプション
施工価格
施工方法
オンライン試算
施工ギャラリー
アクセス
お問い合わせ
お客さまの声
ご予約